子供が作れない 地域格差が原因

出張先で地元の人と雑談したとき。
自分の子供が、「子供が作れない」 と言っていると 。

なぜと聞くと。
子供は結婚しているが、給与収入が何年も同じで、経済的に子供を作れないという。
確かに、地方の経済はずっと停滞しているようにも思えるが......

しかし、子供は、経済的思考より、結構勢いで作ってしまうものと思うのだが。
どうでしょうね。
やたら、経済のせいにして、子供を作らない言い訳にしているようにも感じた。

子供を作ると、教育費で経済的負担がきつくなると言われる。
でも経済力より、先ず、親が一生懸命働いている姿を子供に見せることが、教育の出発点と思うけど。
その上で子供一人ひとりの天性、天分を見つける手伝いを親はすればいい。
日本の労働力の質の低下が言われているが、親の世代の労働力の質が低下しているんだろうなと感じる。

少し前、台湾で私立大学に案内されたことがある。
学力で入学するのと正反対の大学だったが、台湾でもこのような大学が近年増えてきたと説明を受けた。

大学をでてフリータになる人も多いらしい。 
この人たちは、結婚しても「経済的に子供が作れない」と言うだろうか。

経済力より、親の世代の勤労感が、少子化を加速しているように、ふと思えた。

in 北陸
[PR]
# by kgucchi68 | 2007-07-23 22:59

銭湯に感激

今は北陸のある県庁所在地に出張中。
たまたまビジネスホテルの隣に、銭湯があった。

関東ではスーパー銭湯ばかりで、昔スタイルの銭湯はなかなかないが、
ここにはあった。

早速銭湯へ出かけた。 
番台におじいちゃん。 じっと正面のNHKのテレビに見入っている。
木の鍵の下駄箱。 竹で編んだ脱衣かご。 天井の羽扇風機。
昔と同じだ。
すっかり感激。 つい子供のころの銭湯を思い出す。

早速浴槽へ。
壁に描かれた富士山が独特の筆タッチでまたいい。
~いい湯だな~

でも、この銭湯客が少ない。 男湯には自分ひとり。
一方、女湯の方からは、賑やかな会話が、エコーを伴って聞こえる。

広い男湯には、ぽつんと自分ひとりしかいない。 賑やかな女湯に行きたいくらい。
人のいない銭湯ってなんとつまらないものだろう。 
何で男湯には客がいないんだ???

銭湯は男湯から廃る?
この銭湯、来年まであるのだろうか???
一身にNHKテレビに目を預けている、番台のおじいちゃんの顔を見て
つい、心配になった。
[PR]
# by kgucchi68 | 2007-07-23 21:49 | 旅行

卑怯(ひきょう)という言葉

先週、採用したばかりの社員が、1週間も勤めないで退職した。

5月病というのかもしれないが、自分の会社でまさか起こるとはと、びっくりした。

当人の採用を決定した自分に一番責任があるが、その退職理由を聞いてなんともやり切れない気分になった。

当人は会社に入社しても、まだ他社への就職活動を続けていたそうだ。
より良い条件の会社の採用通知が来たので、あっさりと退職させてくれときた。
1週間経費をかけ当人を教育し、またその給料を支払うことになる。 当社は、経費をかけただけに終ってしまった。

当人は、「どこが悪いのでしょうか?」 と反省の色無し。
高学歴の割には、人間力の教育は受けていないようだ。

本人のため、信頼を損ねる行為は 自分のためにも絶対するな と忠告し、帰した。
また、他の会社でも同じ事を繰り返すだろうと思うが、もっと幸せになる道を自分で考えて欲しいものと思う。

自分の人を見る目がなってないと反省。 ブルーな気持ちの1日だった。
でも卑怯だよな~
[PR]
# by kgucchi68 | 2007-05-06 10:51 | 時事

デジカメ壊れちゃった

♪ ほくの大好きなデジカメ~
♪ とっても大事にしてたのに~

ついに3代目のデジカメが壊れてしまった。
それも、レンズが望遠鏡のように突き出た状態で。

普通テレビとか冷蔵庫とかは壊れる前に、その予兆があるのだが。
このデジカメは突然だった。

写真撮影のスケジュールが近かったので、あわてて新しいデジカメを買いに行った。

1代目のデジカメは 確か 80万画素数で 10万円以上した。
乾電池の持ちが悪くて、撮影可能枚数が少なかった。

今回買った4代目君。 壊れないでね。 
[PR]
# by kgucchi68 | 2005-12-14 13:08 | 経済

年末調整に物申す

年末調整の季節。 その事務処理も結構手間がかかる。 
年末調整は社員の税務処理を当人に代わり無償で会社が行う制度。

それも、大会社も弱小な会社も関係なく法律は同じ手続きを要求する。
欧米では、サラリーマンの納税は個人で行うが、日本では会社が行う。
起業したばかりの会社では、その事務に関わるコスト割合も非常に高く負担になっている。

この辺も、日本で簡単に会社を作れないできないない理由のひとつと思う。

体力のある大会社も、体力のない起業したての会社も、同じ会計・税務方法を課す
日本の制度。

来年4月から新会社法が施行される。 多少起業をしやすい環境ができる。
しかし、会社の維持・育成という大事な部分においては、ほとんど制度は変わらない。

戦後、シャープ博士が導入した制度らしいが、そろそろサラリーマンの納税は個人に移行すべき時期ではないのだろうか。

◎会社のホームページ
[PR]
# by kgucchi68 | 2005-12-10 09:26 | 経済

デジタルTV放送がやってくる

一昨日、表題のプレゼンテーションをする機会があった。

そこで今のアナログTV放送の受像機とデジタルTV受像機の解像度の違いを説明する。

この場合解像度とは、モニターの画素数を意味して説明しているのだが、よく判ってもらえない。 それでも、やっと今の受像機でデジタルTV放送が見れない理由を理解してもらった。

ところが、次々に今の高解像度どのデジタルビデオやデジタルカメラとの関係や、カラープリンタとデジカメの解像度の関係等、いろいろと質問が噴出した。

けっこう大勢の人が、意味のわからないままに高解像度の、デジカメ、デジビデを買わせられてるらしい。 (画素数が高いほど魅力的に感じるらしい)

日本人は結構数字で踊ってしまいがちと思った。
どちらかというとイメージで行動しがちな自分は、もっと無駄に踊っているようなきがするな~。

反省
[PR]
# by kgucchi68 | 2005-12-03 15:54 | 時事